100年先の未来の健康のために・・・

店舗外観

平成12年12月14日、雪が降りしきる師走の日、赤穂浪士が吉良邸への討ち入りの日に株式会社けんこう倶楽部21は設立されました。 心に残る日を設立日に…そんな思いを会社設立の日に託して思いを新たにした記憶がございます。 会社設立のテーマは紛れもなく「健康」そのもの で、健康補助食品である乳酸酵素ラテリアの販売 が設立当初の柱でございました。あれからすでに 13年半の月日が経ちました、目標とする目線は あくまでも健康ですが、年月を重ねるごとにその 根幹にある健康のテーマは食べる事へのこだわり から「医食同源」へと推移してまいりました。 私たち人間の身体は食べ物を口で咀嚼し、胃をはじめとするさまざまな消化器官で分解吸収することから始まります。
この食べる行為そのものが、免疫やホルモンなどによる毎日の健康を維持する条件の最初の入り口になります。 私たち人間は加齢が進みまして、やがて死を迎えることになりますが、老化という現象が進んでまいりますと、食する行為がままならなくなってまいります。
その時には食べ物を噛んだり咀嚼(そしゃく)したり、あるいは嚥下(えんげ)をすることが出来なくなってしまいます。
食べ物から栄養を吸収するための作業が出来なくなってしまうわけです。


生命を維持する行為そのものは、食べ物から栄養を吸収しエネルギーに変えることから始まるということです。そして、その食べるという行為が出来なくなったときに人としての死を迎えるわけで、これが自然死あるいは老衰と言われる最も望ましい死の迎え方だと思います。 私たちは、生きている間に食事を通して生命を維持していることがお分かり頂けたと思いますが、ここに大きな問題があります。


それは、食の安心と安全という問題です。私たちが生活しているこの日本の食料自給率をご存知でしょうか、カロリーベースに換算しても50%を切っているのが現状です。ちなみに、けんこう倶楽部がある北海道は食料自給率250%を超えています。自給率だけの問題ではありません、40年前と今とでは野菜のミネラル含有率が50%以下と言われています。いったいどうなってしまったのでしよう。
原因はいくつか考えられますが、最も大切にしなければならないことは栄養価の低い食材と、本当に安全な食材であるかどうかではないかと考えています。この問題は、今だけの問題だけではなくて次の世代である、私たちの子供たちや孫の世代にとって良いことかどうかを真剣に考えなくてはならないことだと考えています。


私たちは、より安全な食材を見つけ出したり、生産したりすることにより安全を提供できる情報を発信し、出来るだけスピードのある物流で食材をお届けし、生産者の顔が見える安心とともに、50年先あるいは100年先の未来の健康のための食材の提供を出来るように努力する覚悟でございます。

【健康倶楽部21 店舗】 〒078-8234 旭川市豊岡4条2丁目3-18   TEL 0166-73-8191   無料駐車場有り
営業時間/10時〜18時   定休日/日曜日